• en
  • ko
  • zh-hans
  • ja

学術論文

2016

キムウンエ. “米国のマキンソン事件を通じて見た研究関連の利害衝突の問題.” 生命倫理政策研究 9, 3 (2016): 185-221.

キムウンエ. “臨床試験用医薬品の治療目的使用において患者からの同意獲得基準:臨床試験用医薬品の応急使用及び臨床試験との比較を中心に.” 医療倫理学会誌 19, 2 (2016): 185-210.

キムウンエ、イインヨン、イスンヒ. “青少年女性の性教育経験及び避妊薬認知に関する研究.” 生命倫理 17、1 (2016): 53-74.

Lee, Won Bok. “Biobanking Regulation in Korea.” JOURNAL OF LAW MEDICINE & ETHICS 44, 2 (2016): 342-351.

2015

クォンボクキュ. “医学的意思決定に関する韓国成人の認識調査.” 韓國医療倫理学会誌 18, 3 (2015): 251-261.

イハンジュ. “生命倫理法上人体由来物研究のための審議・同意制度の法的検討.” 江原法学 45, (2015): 479-516.

チャンウォンキョン、アンキョンジン、キムミンヨン、キムユリ、ハンユチョン. “延命医療が予見される時点での患者家族の役割:末期癌患者家族の世話の経験に対するナラティブ分析.” 韓國医療倫理学会誌 18, 2 (2015): 172-189.

キムヒョンチョル. “自己決定権に対する法哲学的考察.” 法学論集 19, 4 (2015): 357-372.

Bae, Hyun A. “Physician Liability for Procedure Related Injury: Focused on Central Venous Catheterization.” Journal of Forensic and Legal Medicine 33 (2015).

ソンミスク. “ドイツの人体組織移植法体系に関する考察.” 梨花女子大学校法学論集 19, 3 (2015): 249-272.

Lee, Won Bok. “RECALIBRATING “EXPERIMENTAL TREATMENT EXCLUSION”: AN EMPIRICAL ANALYSIS.” UNIVERSITY OF CINCINNATI LAW REVIEW 83, 1 (2015).

イハンジュ. “医療制問題の公法的解釈.” 法学研究(慶尚(キョンサン)大学) 23, 1 (2015): 69-95.

キムウンエ, キムヒョンチョル. “「生命倫理及び安全に関する法律」による機関生命倫理委員会の評価認証制度についての考察.” 生命倫理 16, 2 (2015): 85-103.

キムヒョンチョル. “生命倫理法のモデル-生命倫理基本法を中心に.” 法学論集 19, 3 (2015): 231-248.

キムヒョンチョル, ユンイレ. “人体組織法改正の意義と法的争点.” 生命倫理政策研究 9, 2 (2015) 127-148.

イウォンボク. “医薬品オンライン販売規制の新しいアプローチ.” 生命倫理政策研究 9, 2 (2015) 201-222.

ペヒョンア. “健康決定要因を把握するための健康影響評価の政策的意義.” 生命倫理政策研究 9, 1 (2015) 161-184.

2014

キムウンエ. “全部改正された「生命倫理及び安全に関する法律」の研究対象者保護面での意義と限界.” 生命倫理 15, 2 (2014): 15-35.

チョソンウ. “温情的間接主義は自律性の名で正当化することができるだろうか?: 温情的間接主義と患者の自主性及び患者の最善の利益に対する考察.” 韓國医療倫理学会誌 17, 3 (2014): 286-299.

チョソンウ. “患者の自己理解とナラティブ的真実.” 生命倫理 15, 2 (2014): 53-68.

ソチョンイム. “生命倫理での危険と不確実性.” 生命倫理 15, 2 (2014): 69-82.

チェキョンソク. “韓國の生命倫理学の現況と進むべき方向.” 大同哲学 69 (2014): 279-308.

チェキョンソク. “金おばあちゃん事件に対する最高裁判所判決の論拠分析と批判:”自己決定権尊重”と”最善の利益”衝突問題を中心に.” 生命倫理政策研究 8, 2 (2014) 227-252.

ペヒョンア. “HIV 感染者の再生産権:HIV感染者と補助生殖術.” 韓國医療倫理学会誌 17, 3 (2014): 310-330.

キムヒョンチョル. “臓器や人体組織求得に関する公的体系の確立.” 生命倫理政策研究 8, 2 (2014): 67-86.

パクソヨン、クォンボクキュ、クォンオヨン、ユンテヨン. “専門職としての医師の職業倫理:社会的直観主義理論を基にした大学の医学専門大学院生と付属病院の専攻医間の比較.” 韓國医療倫理学会誌 17, 2 (2014): 159-171.

イハンジュ. “個人医療情報保護法制定の必要性と立法方向.” 韓國医療法学会誌 22, 1 (2014): 177-208.

イハンジュ. “患者の同意と自律性の法的ㆍ倫理的考察.” 江原法学 42. (2014): 347-380.

キムヒョンチョル. “幹細胞株登録制度に対する考察.” 生命倫理 15, 1 (2014): 1-14.

ペヒョンア. “韓國の善きサマリア人法:救急医療に関する法律第5条の2の適用と解釈.” 司法 1, 28 (2014) 97-137.

ソンミスク. “消極的安楽死あるいは延命治療中止の正当化根拠に関する考察.” 江原法学 42 (2014): 173-212.

チョソンウ. “ナラティブ芸術作品と道徳性に対する考察.” 美学 78 (2014): 279-314.

キムコンウ. “生命工学的人間向上の時代に人間はどれだけ自由になれるのか -ハーバーマスの自律性論弁の分析.” 法学論集 18, 3 (2014): 447-472.

ソンミスク. “延命治療の中断と刑法:ドイツの最近判例を中心に.” 北東亜法研究 7, 3 (2014): 185-209.

Won Bok Lee. “Korea’s Patent Linkage Bill and Its Analysis.” Anam Law Review 44, no. – (2014): 389-442.

キムヒョンチョル. “生命倫理法学の意義” 生命倫理政策研究 8, 1 (2014): 101-118

2013

チェキョンソク. “生命倫理と哲学:哲学的対立と新しい生命倫理学のための哲学の課題.” 生命倫理 14, 2(2013): 15-28.

チョソンウ. “アクラシア事例を通じて見た自律性と感情の問題:タポレットの関心-基盤理論を中心に.” 韓國医療倫理学会誌 16, 3 (2013) 302-322.

ぺクリン、カンミンア. “英国、米国、韓國の幹細胞研究に関する政策変動の比較分析.” 保健行政学会誌 23, 4 (2013): 314-325.

クォンボクキュ. “韓國人の伝統的な死に対する考え.” 韓國ホスピス緩和医療学会誌16, 3 (2013): 155-165.

ソンミスク. “自律性と刑法:嘱託、承諾による殺人罪の処罰根拠に関する法哲学的考察.” 法曹 684. (2013): 155-190.

ソンチュンモ. “新設成年後見制度及び同意代行と法における自律性.” 霊山法律論叢 10, 1 (2013): 21-42.

ユスジョン、チェキョンソク. “自律性と共同体主義的生命倫理.” 生命倫理 14, 1 (2013): 49-63.

キムヒョンチョル、キムフィウォン. “韓國臓器移植制度の争点と代案.” 法学論集 17, 4 (2013): 225-251.

ソンチュンモ. “人体とその部分の司法的地位.” 高麗法学 69  (2013): 323-363.

モヒョチョン. “部分-人間化動物に関する市民認識及び規制現況.” 生命倫理政策研究 7, 1 (2013): 93-116.

モヒョチョン. “部分-人間化動物の概念と倫理的争点.” 韓國医療倫理学会誌16, 1 (2013): 27-40.

チョソンウ. “人体部分(Human Body Parts)の存在論的特性に対する哲学的考察.” 韓國医療倫理学会誌16, 1 (2013): 41-58.

ペヒョンア. “精神的に制約がある者の自己決定権の保護のための法制.” 檀國法学 37, 1 (2013): 119-150.

イウォンボク. “米国医療改革法の医療保険義務加入制度に対する連邦最高裁判所の合憲決定.” 医療法学 14, 1 (2013): 275-302

チェキョンソク. “自由意志と神経決定論.” 韓國医療倫理学会誌16, 2 (2013): 249-260.

キムトキョン、クォンボクキュ. “医療専門職の自律性と自律性確保のための実践方策.” 韓國医療倫理学会誌16, 2 (2013): 159-173.